葬儀の施主とは

葬儀の施主はどのような役割をすることになるのでしょうか?喪主と施主について多くの人が同じものであると考えている場合も多いのですが、喪主は葬儀においてメインの役割を果たしていくのに対して、施主は葬儀にかかる費用を管理し、葬儀を取り仕切ることがその役割となってきます。喪主のサポートを行うといった役割であるため、親族の中から施主をお願いできればそれに越したことはありませんが、適任者がいない場合には個人の知人の中からお願いすることになります。

会社などで色々なイベントなどのリーダーシップを普段から取っているような方が要ればその方は施主に適任であるといえます。また町会などの仕事を普段から行っているような方であっても良いでしょう。また、葬式に必要になるお金の管理をすることも施主の仕事ですから、信頼できる方であることも施主の条件になってきます。葬儀社の方と適宜相談する場面もでてきますので、自分で判断して葬式のサポートが可能な方であると良いでしょう。

施主をお願いする場合には、きちんと喪主の方から礼節を尽くしたお願いをすることが必要です。その方はいろいろなことに長じた方であるので、さらりと施主の仕事をこなすでしょうが、実際のところはかなりの重労働ですので、その点を十分に理解した上で施主をお願いするようにすると良いでしょう。葬式が始まってしまうとなかなか打ち合わせができないものですので、あらかじめ喪主と施主は葬儀社を交えて段取りをしっかりと決めておくようにしなくてはなりません。