葬儀の際の身だしなみについて

葬儀に列席する場合の身だしなみですが、髪型は男性の場合には清潔感を持たれる髪型にしておくようにしたいものです。髪の毛が伸びすぎてしまっている時には列席の前にカットをしてもらうようにすると良いでしょう。また、匂いの強いワックス、ジェルなどを髪の毛に付けて列席することも失礼に当たる場合が出て来ますので、避けるのがマナーです。女性の場合には長い髪の方の場合には焼香などの際に邪魔にならないようにするために髪の毛を適当にアレンジしてから列席するようにするといいでしょう。

また、派手なお化粧は基本的にお葬式の場面ではNGですので、その点は把握しておくようにしたいものです。派手なアイシャドーやチークはあまり好ましくありありません。アイランの場合には濃くならないような配慮が必要です。自然な感じのお化粧を心がけるようにするといいでしょう。口紅はつけて列席してもかまいませんが、派手な色の口紅は避けて地味な色のものを選ぶようにしたいものです。できるだけ自然な感じの色合いを心がけておくようにすると良いでしょう。しかしながら、ノーメークですと却って失礼になってしまいますので、品の良いメークを考えましょう。

派手なネイルをしている方はそれを落としてから葬儀に列席するようにするといいでしょう。しかしながら、簡単に派手なネイルを落とすことができない場合には、ネイルを隠す意味で黒系の手袋などをして葬儀に参加することもできます。ハンカチは忘れずにもっていくことが必要ですが、基本的に白系のハンカチがお勧めです。