葬儀の際の服装とは

葬儀の際の服装はどのようなものを選べばいいのでしょうか?遺族の方の場合には言うまでもありませんが喪服を着用することになります。男性の場合には黒のスーツに対して白いワイシャツを着用します。更にはネクタイは黒色を着用してタイピンなどは付けないようにしなくてはなりません。ベルトや靴下、靴なども全て黒で統一するようにすると良いでしょう。女性の場合には黒色のワンピースまたはスーツで肌の露出は極力避けるようにします。服やバッグ、靴なども基本的に黒色で統一することが必要になります。和装をする場合には黒無地の着物を着用することになります。

葬儀に列席する場合にはもちろん遺族の方と同じように喪服で問題ありませんが、喪服でないからと言って葬儀に列席することができないということにはなりません。地味な服装であれば問題なくそれを着用して葬儀に列席することができます。しかしながら、派手な服装は避けることが必要です。また、女性の方はアクセサリーなどは基本的に付けずに参加することが必要です。しかしながら、女性の方のアクセサリーに関しては真珠のネックレスであればつけることができます。

また、葬儀に列席する際には、死を意味するような言葉を直接使うことは避けて、遠回しな表現で挨拶をするようにしなくてはなりません。どのような挨拶をすればいいのかわからない場合には、インターネットなどで適切な言い回しを確認してから葬儀に列席するようにすると遺族の方に対して失礼にならないといえます。